p s u k e の 俯 瞰 慧 眼

溢れ出る言葉の記録として書き綴っているブログ。まずは何より自分のため、でも誰かの何かに響けば尚倖。

北海道レポート前編

5月の半ばに、2泊3日で北海道へ行く機会がありました。

お目当の半分は、札幌ドームで行われた某国民的アイドルグループのライブ。あとの半分は、先々の仕事の可能性を見定めることです。

6月に入って少し落ち着いてきたので、主に後者の視点で印象的だったことについて、2回に渡って書き綴ってみることにしました。前編は初日に滞在した「小樽市」について。

小樽駅

小樽駅

消えかけた横断歩道

新千歳空港から電車で1時間ほどの場所にある小樽市。駅を出て、まず目についたのが、駅前の横断歩道でした。

小樽駅前、白線が消えかかった横断歩道

小樽駅前、白線が消えかかった横断歩道

街の玄関口としては、どことなく物寂しい印象を抱きます。放置されているのか?それとも補修の予算が組めないのか?いずれにせよ、「観光」を生業にしている街としては、この時点で少し引っかかるものがありました。

エアビー★4.5の期待値

民泊体験をしたかったので、Airbnbで評価の高かったホストの部屋に宿泊しました。

冒頭に書いたライブの影響で、札幌市内の宿泊施設は軒並み2万円以上の価格設定だった中、こちらはおよそ半額でした。

場所は、市内を一望できる高台の上にある賃貸マンションの一室です。現地に赴いて分かったのですが、どうやらこのマンション自体が、投資目的で建てられたものだったようです。

さて、肝心の宿泊体験ですが、、結論としてはかなり厳しかったです。

とにかく、「清潔さ」の点で、快適に過ごせる基準を大きく下回っていました。

気になった点を挙げればキリがないのですが、ひとまずエアコンをはじめとするフィルターは、全力で掃除をしました。

口コミがサクラでないと仮定すると、Airbnbの期待値がどのレベルにあるか?、なんとなく想像がつくようになりました。このクオリティであれば、ユーザーとしてもホストとしても、個人的には距離を置きたいと思います。

ただ、「寝れば寝るだけ体調が悪くなりそう…」と用心したご褒美?に、抜群の朝日を拝むことができたのは思い出深い体験になりました。

小樽市の高台から望む朝焼け

小樽市の高台から望む朝焼け

過剰に豪華な海鮮丼とコスパ良好な地ビール

小樽市における海鮮丼の平均単価は2,500円!のようでした。たしかにウニやイクラなどが「これでもか」と乗っているのですが、どうも「値段」が先にあって、それに見合う豪華さを過剰に追求している印象が拭えませんでした。北海道はマグロなどの定番ネタが意外と獲れないそうなので、そもそも工夫する余地が限られるのは大変そうでした。

一方で、すっかり気に入ったのが小樽ビールです。小樽の水に惚れ込んだドイツ人の方が作ったブランドだそうで、街中で売られている350円ほどの瓶ビールでも、かなり本格的な味わいが楽しめました。東京にいる時は節制して滅多に飲まないのですが、この時ばかりは5本位いただきました。

まとめ

1日で回るには良い規模感の街でしたが、「ファン」を作る取り組みが見受けられず、10年後の姿がとても心配になる街でした。詳しくは後編で書きますが、北海道の現状として、札幌への一極集中が止まらない原因の一端を垣間見た気がする滞在でした。

-当ブログ「p s u k e の 俯 瞰 慧 眼」についてのご案内はこちら

消費の賢人。

消費に対して奔放な親の下で育った反動か、お金の使い方については、以前から意識的に過ごしてきました。

ただ、巷に溢れる節約術を読み漁っても、今ひとつしっくり来なかったので、我流で腹落ちするものを追究してきました。

このところ、それなりに筋の通った消費ができてきたので、まとめて綴ってみたいと思います。

常識に縛られない、より健康的な消費に興味関心があるようでしたら、是非ご覧下さい。

「お金を使うこと=応援」にする

今回の背骨になる考え方です。

お金の捉え方は人それぞれでいいと思うのですが、個人的には「交換可能なエネルギー」という解釈が気に入っています。

なので、同じ100円を使う時も、頑張ってほしい、元気になってほしい、と思える会社やお店、あるいは人が相手だと、幸福感を抱きます。

反対に、そうでない相手への支払いに対しては、たとえ1円であっても、かなり慎重になります。

(いつか、マザー・テレサ級の「与える人」になったとしたら、また変わると思います。)

ちなみに、この考え方に従った小さなマイルールを1つ設けています。

それは、「応援している小さなお店では、絶対に現金で支払う」ことです。

クレジットカードを使えば確かにお得ですが、消費者に還元されるポイントを負担しているのは、結局お店なので。

この辺り、興味のある方はクレジットカードの仕組みを少し調べてみて下さい。

JCBのロゴ

クレジットカードのブランドにも着目しています。

目先のポイントやキャンペーンに一喜一憂しない

少し前に流行った○○円還元キャンペーンに着想を得た、1つ目の原則を肉付けしてくれる考え方です。

キャンペーンについては、「何事も百聞は一見にしかず」の精神で実際に試してみたものの、何か「さもしい」気持ちが拭えませんでした。

そこで、ふと立ち止まって見つめ直してみた結果、正解は逆にある、との結論に至りました。

それはすなわち、「長期的な信頼・安心を優先する」という基準です。

消費に関する5W1Hは、今や立派な個人情報の1つです。

そこで、きちんと目利きをして、節度をわきまえた消費を積み重ねていけば、結果として自分自身が、誰かにとって信頼・安心される存在になりうる。

できるだけ早い段階で、こうしたメカニズムに気づくことには、得しかないと思います。

「313円」を解体する

前の2つより、“おまけ”的な位置付けになります。

見出しの313円は、某大手チェーンで買えるドリップコーヒーの価格(19/6/3現在)です。

この値段を、会計学的なものとは別に文字通り「解体」してみた時、たとえば次のような内訳が考えられます。

  1. コーヒー自体=100円
  2. 感じのいい接客=100円
  3. 店内空間=100円

数年前まで、このバランスに納得感があって、割と利用していました。

ところが、店舗数が増えるにしたがって、「2」と「3」のクオリティがダウングレードしていると感じるようになりました(主観です)。

この話、特に結論はないのですが、習慣にして役立っている知恵ということで、書き添えておきました。

最後に

冒頭に書いたように、お金の使い方に対しては、割と早い時期から考えて過ごしてきました。

ただ、こうして一貫性のある方針に仕上がってきたのが、お財布に余裕ができてからだったことは、反省点でもあります。

本当は、その日の暮らしが苦しい時でも(苦しい時だからこそ)、できることはやる、というアプローチが望ましいのだと思います。

たった1つの些細な行動でも、見てる人は必ずいて、それが思わぬところに繋がっていくこともあると思うので、10代でも20代でも、躊躇なく取り組んで貰えたら本望です。

-当ブログ「p s u k e の 俯 瞰 慧 眼」についてのご案内はこちら

観-隠された「正解」の見つけ方

溢れる情報の濁流の中で、拠って立つ場所を探し求める誰かへ。

[言葉]

静寂の中で音を聞く。

静寂の中で音を聞く。

[メッセージ]

公共交通機関のアナウンス。

あらゆる店で鳴り渡る音楽。

そして、人々の話し声。

ノイズからの解放を願って思わずイヤホンで耳を塞げば、その先にも、また音。

現代の都市における生活の一面を切り取れば、その様相は、さながら音の洪水に晒されているかのよう。

そうした日々も悪くはないと思う一方で、たまには静けさが恋しくなるのが人の性。

そこで、たとえば人通りも疎ら(まばら)な夜明け前の通りを歩いてみる。すると、始発電車が鉄橋を渡る音が聞こえてくる。あるいは、都会の喧騒を離れてみれば、鳥のさえずりや草花が風に揺れる音が聞こえる。

そして何にも増して存在感を放つのが、内的なモノローグ。普段は気づかない、あるいは聞こえないふりをしている自分の内なる声が、否応なしに存在感を放つ。そこには不思議と、日常の中で思い悩む事柄、ほぼ全てに対しての「正解」が隠されている。

何かに迷ったら、雑踏の中で苦悶するよりも、まずは静寂の中で聞こえる音に耳を澄ませてみる。音に溢れる現代だからこその処世術。

[誕生秘話]

生まれつき、耳が良いようです。聴力検査的にというより、比喩的に。それで、定期的に「耳を休ませる」習慣がつきました。騒がしく感じる場所から距離を置いたり、つい惰性で手に取るイヤホンを手放してみたり。

加えて、「ヴィパッサナー」という瞑想に取り組んでみた際に、頭の中で絶え間なく続く、他愛ないお喋りと折り合いをつける感覚を味わうことができました。

いずれの場合も、自然と呼吸が整い、気持ちが穏やかになるのを実感します。日常、どれだけ「論理」を積み上げても解消しなかったことに対して、直観的に正しいと思える答えが得られるのは、大抵そんな時です。

そこで、自身の中で起きていることを研ぎ澄ませていった結果出てきたのが、今回の言葉です。

 

-当ブログ「p s u k e の 俯 瞰 慧 眼」についてのご案内はこちら

生存報告と近況報告。

こんにちは、psukeです。

このところ、更新が滞っているのが気になってはいましたので、生存報告と近況報告を兼ねて久しぶりに筆を取っています。

 

実は、ゴールデンウィーク後から、生活や仕事に充てる以外の可処分時間のほとんどを、あることに使う試みをしています。

生まれ持っての一点集中型のため、こちら「psukeの俯瞰慧眼」の再開は、来週以降になる見込みです。

 

ちなみに「あること」とは、スマホアプリのゲームです。

少し前に、キッパリ止めるか?それとも続けるか?を迷った挙句、前者を選択したので、一度本腰を入れてやり込んでみることにしたのです。

 

猫のぴーすけも出てくる素敵なゲームです

猫のぴーすけも出てくる素敵なゲームです

ここ数日の生活は、さながらプロゲーマーのそれです(にわかですが)。

身体のケアだけは、かなり意識して行っているのですが、それでも腕や目など、局所的に疲労が蓄積するのを実感しています。

まさに、ゲーム実況系ユーチューバーの舞台裏を、我が身を持って垣間見ている気分です。

これをずっと続けられるか?と問われれば、少なくとも僕は無理ですね。。

そういう意味で、職業にしている人の凄みを改めて理解する機会になっています。

 

また、ゲームに熱中する子どもへの対処の仕方も見えてきたように思います。

「ゲームばかりやってないで勉強しなさい!」と怒鳴り散らすよりも、「気が済むまで思いっきりゲームしてご覧。1日最低10時間はやること!」と声がけする方が、よほど効き目があるかと。

(もし、それだけ継続しても熱中が続いて、日常や健康との折り合いがつくのであれば、その子は本気でプロを目指したらいいと思います。)

 

ということで、「何をやっているんだか…」と呆れられそうな近況ではありますが、「飽きて止めちゃった?」と思われるよりはマシと信じて、ご報告でした。

 

-当ブログ「p s u k e の 俯 瞰 慧 眼」についてのご案内はこちら

越境-健康で快適な生活を送るには?

心の声にしたがって生きてみたい。でも、模範解答から外れた生き方をすることが怖い。だけど、踏み越えたい。そんな誰かへ。

[言葉]

健康と快適は、「皆と同じ」の先にある。

健康と快適は、「皆と同じ」の先にある。

[メッセージ]

何事に対しても横並び意識の強いとされる「平均的日本人像(※)」に対してのアンチテーゼ。

「一億総中流」がスローガンであった高度経済成長期であればいざ知らず、日本がアメリカや中国に比べて相対的に貧しくなる時代に、国内の平均値を求めているようでは、知らず知らずのうちに、貧しく、不健康で、窮屈な場所に追いやられるのでは?との危機感を込めて。

中には、「能力がないから」、「境遇に恵まれないから」と、本当に望む生活を諦めてしまう人もいるかもしれない。でも、自分の人生を健康で快適なものにしたいと思う気持ちがあるならば、まずはその感情を肯定してみて欲しい。そして、実現に向けた方法を少しずつでも考えて、行動する。そうすれば、必ずチャンスは訪れるので。

(※)こうしたイメージがどこまで正確か?、そもそも精査したわけではないのですが。ただ、日本社会を論じる時、未だ「同質性」や「同調圧力」がキーワードになることからも、「平均=安心」のメンタリティは、この時代を生きる日本人にも根強く残っているかと。

[誕生秘話]

高校生になったくらいから、不定期で原因不明の体調不良と付き合ってきました。それでも諦めずに試行錯誤する中、失敗を重ねつつも、自分の身体のことや感情と肉体の関わりなどについて、理解を深めてきました。

そして5年ほど前に、テニスのジョコビッチ選手による「食事」をテーマにした書籍に巡り合いました。本の中では、同選手が小麦粉の中に含まれる「グルテン」という成分に対する不耐症を抱えていて、これを除去する食生活によって、競技のパフォーマンスが劇的に向上したことが赤裸々に綴られていました。

この本を読んだことを機に、体に取り入れるものを全面的に見直すことにしたことが、今回の言葉に繋がりました。

本の中で薦められている食材は、たとえば「天然のサーモン」など、どれも高価なものばかり。全て実行したら、月々の生活費が全て食費になってもおかしくありません。とは言え、それまで摂取していた手頃な食材の成分表を見てみると、炭水化物や脂質でカロリーを確保しているものや、食品添加物が多く含まれたものが多いことに驚かされました。

そして、少なくとも「一般的」とされる食生活が、必ずしも安全や健康を約束するものではないことに気づき、自分なりの食べ方を模索するようになりました。この探究は、今も現在進行形で続けています。

必ずしも「贅沢」をするわけではないですが、揚げ物やパンなどを避ける分、以前に比べて食事にお金がかかることが多いのは事実です。そのため、常識に囚われずにメリハリをつけ、必要に応じて稼ぐ力をつけることは、ずいぶんと意識するようになりました。

結果として、食事に限らず、「移動」・「住まい」・「仕事」などあらゆる面について、「本来の健康や快適」は「普通」とされる選択の外にある、との考えに発展していき、1つのメッセージになりました。

英単語勉強法アップデート[19/5/2]

10連休6日目。観光客で賑わう行楽地の様子が伝えられる中、まとまった時間を活用して、料理教室や資格取得講座に通う人もいるそう。賢明な選択をすると、結果として少数派になるのが世の常。

#英語 #英検1級 #英単語

数日前から、Merriam-Webster(以下MW)という英英辞典のアプリ版をiPhoneにインストールして使用中。少し前に『キクタン』を単語学習のお供に決めたものの、単語によっては和訳や例文が十分に掘り下げられておらず、少なからず学びにくさを感じるように。。そこで、『キクタン』は頻出単語のリストと位置づけて、MWと併用する勉強方法を試験的に導入。今のところ、より意義深い学びに繋がっていることを実感中。

たとえば、"quarantine"という単語の場合。『キクタン』の和訳は「(伝染病予防のための)隔離」。一方、MWには「40日間」という意味が載っていて、スペイン語などで「4」を表す「クワトロ」が接頭語では?との見立てに繋がる。加えて、「隔離」についても、船の積荷などを介して伝染病が持ち込まれることへの対策が起源だったものと読み取れる記述が興味深い。

Merriam-Websterで調べた"quarantine"の説明

Merriam-Websterで調べた"quarantine"の説明

-当ブログ「p s u k e の 俯 瞰 慧 眼」についてのご案内はこちら

神棚解体 / スマホゲーム課金 [19/4/30]

10連休4日目。そして平成最後の日。前の晩から生家のアパートに泊まり込んで、ゆっくり寝て、昼からは入居が決まった部屋の修繕。

#家族 #賃貸経営

生家でずっと放ったらかしにされていた神棚を解体。

解体前、最後の姿

解体前、最後の姿

気になりつつも後回しになっていたのに、ふいに手をつけたくなったのが不思議。平成最後の日というのも、何かの巡り合わせ?

「家系の再興」は、おそらく今生における使命の1つ。なので祀られていたご先祖様達の写真についても、ちゃんとした保管方法を考える予定。

物事の「空気」や「流れ」からすると、祖父から受け継いだアパートも、これでまた風通しが良くなるかも。

#スマホ #ゲーム #消費

唯一スマホに入ってるゲームの『アナザーエデン』。リリースから2周年記念ということで、最高レア度のキャラクターを確定で貰えるイベントが開催中。これを目当てに、久しぶりの課金。できるだけ良い消費にしたく、キャンペーン中のiTunesカードを、知る限り最も感じのいいFamilyMartで購入して、お支払い。

毎月イラストが変わる購入の御礼

毎月イラストが変わる購入の御礼

-当ブログ「p s u k e の 俯 瞰 慧 眼」についてのご案内はこちら