p s u k e の 俯 瞰 慧 眼

溢れ出る言葉の記録として書き綴っているブログ。まずは何より自分のため、でも誰かの何かに響けば尚倖。

人生ゲーム。

新年早々、人生ゲームの最新版に挑戦。

タイムスリップがテーマということで、1970年代から未来までを疑似体験することができ、フルコースで遊ぶと2時間ほどかかる超大作です。

 

5人で2回プレイして、1度目は2位、2度目は(ダントツの)最下位…、という結果でした。

 

初回、前半戦で出費がかさんで借金まみれになったものの、慣れると「とりあえず借金しておけば大丈夫」という気分を味わえたのは、ある意味でリアルな感覚だったかと。

 

「借入できるだけ借り入れて、保有する資産を増やせば増やすほど、豊かになる可能性を高められる」との考えも一つと思いますので、お金回りの教育においても、ボードゲームはやはり一役買ってくれるのかもしれません。

 

また、以前の人生ゲームに比べると、給与所得を得られる機会が意外と少ないので、SNSで人気者になるなどして、副業(複業)でどれだけ稼げるか?が資産形成のカギを握っているのも、現代の風潮を考えるとリアルでした。

 

あとは、やっぱり運ですね。

でも、その背景にあるのは執着心だったり熱意だったりする点は、2019年を過ごす中で思い出す気がしています。

 

良い元旦になりました。